前へ
次へ

リフォームは住みながらか引越しをするか

住宅設備を住みやすくする方法としてリフォームがあります。
設備の一部をその都度取り換えるぐらいならトイレやお風呂などを数日使えなくなるぐらいなので住みながらでも可能でしょう。
しかし耐震工事を行ったり設備を一度にすべて交換しようとするとそれなりに工事期間がかかるときもあります。
リフォームを検討するときはまずは住みながら行えるのか、仮住まいに引越をして行わないといけないかを考えましょう。
業者によっても対応が異なり、屋根があるなら何とかして住みながら行えるようにしてくれるところもあります。
2階建てなら先に1階の工事をして2階に住み、1階の工事後に1階に住みながら2階の工事をするなどもできるようです。
大掛かりな工事が必要な時は安全性を考えると仮住まいを利用する方が良いでしょう。
業者によっては系列の不動産会社が提供する住宅を割安で利用させてくれるところもあります。
数か月の利用であればマンスリーマンションであれば初期費用も少ないので良いかも知れません。

Page Top