前へ
次へ

大規模リフォームは注文住宅並みの作業が必要

分譲住宅やマンションを購入するときは既にできた物件から探します。
間取りや設備の希望は通りにくいですが、購入後にすぐに住めるのがメリットでしょう。
既にできているので家造りに口出しをすることもありません。
注文住宅は希望を形にしないといけないので、どんな希望を持っているかなどを業者に伝えないといけません。
リフォームといえば住みやすくするための工事で、手すりをつけるだけの簡単なものから設備の交換がある大規模なものまであります。
業者が決まると業者が色々な提案をしてくれますが、業者が提案してくるのはあくまでも標準的な提案です。
それが依頼者の希望に沿っているかどうかはわかりません。
大規模リフォームをしようとするとき、依頼者は注文住宅並みの作業が必要になることを知っておきましょう。
水回りの設備はどんなものがいいか、メーカーはどこで製品は何にするかなどを細かく決めていかなくてはいけません。
壁紙や床材なども決めなければならず、大変な作業になるときもあります。

Page Top