前へ
次へ

開放感のある住宅のデメリットを知る

建売住宅は比較的オーソドックスな間取りの住宅が多く、部屋数が希望数あればそれほど住みづらくないかもしれません。
ただ多くの人に受けるタイプなので、少し変わった間取りやデザインの住宅はあまりないでしょう。
人と違う住宅に住みたいのであれば注文住宅を選択した方がいいでしょう。
注文住宅を建てるときの希望として出やすいのが開放感のある家です。
天井を高くしたり吹き抜けのある家を希望するかもしれません。
天窓から明かりが差し込むようにすれば昼間でも照明なしで明るく過ごせるでしょう。
開放感がある家はメリットが多そうですがデメリットもあるので注意が必要です。
開放感がある家は家の中の仕切りがあまりないので、空調を使おうとすると家全体を冷やしたり暖めたりしないといけません。
家族が集まるリビングは特に開放感を持たせたいでしょうが、あまり夏や冬には集まれないときもあります。
冷暖房をどうするかも考えて設計してもらう必要があるでしょう。

北九州密着でマンション案内
地元特化のアンサー俱楽部にご相談ください

金融機関と太いパイプのある神奈川県の不動産会社
ローンのご相談お任せになりませんか?

長期に渡り住宅ローンサポート
マイホーム購入後も支える秦野の住宅ローン相談窓口です

資金計画も一緒に考えてくれるダイアリィズ
注文住宅を建てる際に実際にかかる費用を一緒になって考えます

人と環境を考えた新築一戸建て
伊東市の皆様だけでなく環境のことを考えた家をご提案いたします

Page Top