前へ
次へ

耐震検査を受けて必要な耐震工事を知っておく

地震で建物が傾いたら建て直すしか方法が無いと考えるかもしれません。
液状化などで地面が変化した時もその家に住めなくなると考えるでしょう。
状況にもよりますが、必ずしも建て替えが必要とは限らず、傾きを戻して液状化した部分を平らにして住めるときもあります。
まずは相談してみないと始まりません。
住宅に関しては建築年における建築基準法に基づいて建てられていれば適法とされ、古い住宅は旧い基準で建てられている可能性があります。
すると耐震性があまりよくなく、強い揺れの地震が来た時に倒壊等が起きる可能性もあります。
リフォームを考えるならまずは耐震審査を受けるようにしましょう。
新しい住宅なら耐震審査を受けなくていいかですが、一応受けておいて現状を把握した方がいいかも知れません。
建築基準法の耐震基準は大きな変更もあれば小さな変更もあり、最近でも少しずつ変わっています。
新しい基準を満たすための工事がいるときもあり、それを満たせばより安全に住めるでしょう。

Page Top